明智光秀(あけち みつひで)の名言集・格言集

明智光秀(あけち みつひで)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 明智光秀(あけち みつひで)
名言 敵は本能寺にあり

明智光秀(あけち みつひで)の名言・格言

1.

心しらぬ 人は何とも 言はばいへ 身をも惜まじ 名をも惜まじ ※ 辞世の句

2.

自分は他の誰でもない煕子殿を妻にと決めている。

3.

時(土岐)は今 雨が下しる(天が下知る) 五月哉 ※ 光秀の発句 土岐氏の一族の出身であるこの光秀が、天下に号令するという意味合いを込めた句であるとしている。

4.

敵は本能寺にあり

5.

順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す ※ 辞世の句

6.

仏のうそは方便という。武士のうそは武略という。土民百姓はかわゆきことなり。

7.

瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召しだしそのうえ莫大な人数を預けられた。一族家臣は子孫に至るまで信長様への御奉公を忘れてはならない。