チャールズ・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens)の名言集・格言集

チャールズ・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 チャールズ・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens)
生年月日 1812年2月7日
没年月日 1870年
享年 58歳
国籍 イギリス
出生地 イギリス
職業 小説家
名言 か?

チャールズ・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens)の名言・格言

01.

慈善を始めるのは家庭内から。そして正義は隣人から。

02.

わたしは自由だけを求める。その蝶たちは自由である。

03.

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の泥棒だからだ。

04.

他人に費やされた日は、自分の日を浪費したことにならない。

05.

決して頑固にならない心を持ち、決して飽きない気質を持ち、そして決して感情を害さない器用さを持て。

06.

どんな規則正しい家庭でも事故は起こるもの。

07.

それは最良の時代でもあり、最悪の時代でもあった。

08.

人生の危機において、ありのままの事実ほど強く、安全なものはない。

09.

猫の愛より偉大なギフトがあろうか。

10.

頭の知恵もあり、心の知恵もある。

11.

この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。

12.

このような朝には溺死も幸福で平和だ、とふとあなたは考えたことはなかったか。

13.

別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない。

14.

涙は肺を開き、顔を洗い、目を潤し、気分を和らげる。さあ、泣こう。

15.

本の背やカバーの方がはるかに良くできた本がある。

16.

あなたを見ていると幸せだ。あなたのことを考えていると一日中幸せだ。

17.

悪い人々がいなければ、よい弁護士もいないだろう。

18.

太陽は昇ったばかりのときは弱々しいが、時間がたつにつれて力と勇気を増していく。

19.

いつもクリスマスが来ると、クリスマスは優しくて、寛容で、慈善的な良い時であると思う。一年という長い時期の中で唯一、男女が一つの同意の下に閉ざされた心を開き、自分より下の人間を、別の種族の生き物ではなく、あたかも墓場への旅の仲間であるかのように考える時なのである。

20.

愛する心は、真の知恵である。

21.

心も身体同様、安楽を貪ってばかりいると、膿が溜まり病気になりやすいものだ。

22.

偉大な人々でさえ貧しい親類がいることは、もの悲しい現実だ。

23.

病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほどうつりやすいものはこの世にない。

24.

人間の心の中には、振動させないほうがよい弦がある。

25.

どんなことであっても特別な相手に隠しごとをすることは、私の性分ではない。私は心を開いた相手に対しては口を閉じていることができない。

26.

旅行者はその放浪によって、家庭のありがたさを学ぶ。

27.

誰もがたくさんもっている今の幸せに目を向けるのです。誰もがもっている過去の不幸は忘れなさい。

28.

生きている人間に魂がないことは、死人に魂がないことよりはるかに恐ろしい。

29.

涙を流すことを恥と思う必要はまったくない。

30.

わたしは時間厳守、整理整頓、勤勉の習慣なくして、また、一時に一つのことに専念するとの決意なくしては、わたしのしてきたことを決して成し遂げられなかった。

31.

人生において我々が囚われている鎖は、我々が生み出したものに他ならない。

32.

電気的な通信手段は、対面して勇敢で誠実であれと心から鼓舞する人の代わりを果たすことは決してないであろう。

33.

わたしは心の中でクリスマスをたたえ、一年中その気持ちを失わないようにする。