ジョン・ロック(John Locke)の名言集・格言集

ジョン・ロック(John Locke)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 ジョン・ロック(John Locke)
名言 何故に人間が社交するかといえば、自己の財産を保持したいからである。

ジョン・ロック(John Locke)の名言・格言

1.

収入は靴のようなものである。小さすぎればわれわれを締めつけ、わずらわす。大きすぎればつまずきや踏み外しの原因となるのだ。

2.

知るは見るなり。

3.

何故に人間が社交するかといえば、自己の財産を保持したいからである。

4.

世界に対する唯一の防御は、それについての十分な知識だ。

5.

いかなる人間の知識も、その人の経験を超えるものではない。

6.

すべての人間は平等で独立しており、何人も他人の生命、健康、自由、あるいは財産を侵害すべきではない。

7.

大人の議論よりも、子供たちの予期しない質問から教えられるところが多い。

8.

人々が日々歩いている場所に道が現れる。

9.

あなたを心配させるものが、あなたを支配する。

10.

読書は単に知識の材料を提供するだけである。それを自分のものにするのは思索の力である。

11.

新しい意見は常に疑われ、たいてい反対される。まだ一般的ではないという理由だけで。

12.

美味とは食物そのものにあるのではなく、味わう舌にあるものである。

13.

人間の行動は思考の最上の通訳者だ、とわたしは常に考えた。

14.

善も悪もわれわれに快楽と苦痛を引き起こすものにほかならない。

15.

人間を強制的に救済することはできない。だから彼ら自身の良心に委ねるよりいたしかたない。

16.

財産の保全が政府の唯一の目的だ。

17.

悲劇的な瞬間を表現するために、わたしは生涯の半分以上を費やしてきた。

18.

すべての財産は労働の産物である。

19.

われわれの知識はすべて経験に基づくものであり、知識は結局のところ経験から生ずるのである。

20.

言われるままに信じるだけの知識は、ただの切れ端に過ぎない。切れ端としては立派でも、それを集める人の知識の蓄えを少しも増しはしない。

21.

ファッションの大半は、富の見せびらかしにすぎない。

22.

男性と女性の結合は、子ども達を養うに必要な期間だけ継続さるべきである。

23.

教師にとっては、教えるよりも命令する方が簡単だ。

24.

法の終わるところ、専制がはじまる。

25.

財産がない場所には不正もない。

26.

間違った意見は一般に考えられているほど世の中には多くない。というのは、たいていの人々は意見をぜんぜん持たず、他人の意見か、あるいはただの伝聞や人の受け売りで満足しているからである。