勝海舟(かつかいしゅう)の名言集・格言集

勝海舟(かつかいしゅう)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 勝海舟(かつかいしゅう)
名言 学者になる学問は容易なるも、無学になる学問は困難なり。

勝海舟(かつかいしゅう)の名言・格言

1.

俺など本来、人(生まれ)が悪いから、ちゃんと世間の相場を踏んでいる。上がった相場はいつか下がるときがあるし、下がった相場もいつか上がるときがあるものさ。その間、十年焦らずじっとかがんでいれば、道は必ず開ける。

2.

やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。

3.

機先を制するというが、機先に遅れる後の先というものがある。相撲取りを見てもただちにわかる。

4.

敵は多ければ多いほど面白い。

5.

何でも大胆にかからねばならぬ。難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずに、いわゆる無我の境に入って断行するに限る。

6.

学者になる学問は容易なるも、無学になる学問は困難なり。

7.

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。

8.

人間、数ある中には、天の教えを受ける勘を備えている者がある。

9.

人はみな、さまざまに長ずるところ、信ずるところを行えばよいのさ。社会は大きいからあらゆるものを包容して毫(ごう)も不都合はない。

10.

世の中に無神経ほど強いものはない。

11.

島国の人間は、どこも同じことで、とにかくその日のことよりほかは目につかなくって、五年十年さきはまるで暗やみ同様だ。それもひっきょう、度量が狭くって、思慮に余裕がないからのことだよ。

12.

天下の大勢を達観し、事局の大体を明察して、万事その機先を制するのが政治の本体だ。

13.

外国へ行く者が、よく事情を知らぬから知らぬからと言うが、知って行こうというのが良くない。何も用意しないでフイと行って、不用意に見て来なければならぬ。

14.

政治家の秘訣は何もない。ただ「誠心誠意」の四文字ばかりだ。

15.

生業に貴賤はないけど、生き方に貴賤があるねえ。

16.

世人は、首を回すことは知っている。回して周囲に何があるか、時勢はどうかを見分けることはできる。だが、もう少し首を上にのばし、前途を見ることを覚えないといけない。

17.

もし成功しなければ、成功するところまで働き続けて、けっして間断があってはいけない。世の中の人は、たいてい事業の成功するまでに、はや根気が尽きて疲れてしまうから大事ができないのだ。

18.

急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。

19.

自分の価値は自分で決めることさ。つらくて貧乏でも自分で自分を殺すことだけはしちゃいけねぇよ。

20.

世に処するには、どんな難事に出逢っても臆病ではいけない。「さあ、なにほどでも来い。おれの身体がねじれるならばねじってみろ」という料簡で事をさばいてゆくときは、難時が到来すればするほどおもしろ味がついてきて、物事は造作もなく落着してしまうものだ。

21.

人には余裕というものが無くては、とても大事はできないよ。

22.

時勢の代わりというものは妙なもので、人物の値打ちががらりと違ってくるよ。

23.

事を成し遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。

24.

人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。ところが小心者に限って何かをやらかして失敗する。

25.

大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。

26.

人間の精根には限りがあるから、あまり多く読書や学問に力を用いると、いきおい実務の方にはうとくなるはずだ。

27.

あれのこれのと心配ばかりしていては、自然と気が餓え神(心)が疲れて、とても電光石火に起こりきたる事物の応接はできない。

28.

生死を度外視する決心が固まれば、目前の勢いをとらえることができる。難局に必要なことはこの決心だけだ。

29.

功名をなそうという者には、とても功名はできない。戦いに勝とうという者には、とても勝ち戦はできない。何ごとをするにも、無我の境に入らなければいけないよ。

30.

その人がどれだけの人かは、人生に日が当たってない時にどのように過ごしているかで図れる。日が当たっている時は、何をやってもうまくいく。

31.

外交の極意は、誠心誠意にある。ごまかしなどをやると、かえって、こちらの弱点を見抜かれるものだよ。