マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)の名言集・格言集

マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)
名言 私には人に命を捧げる覚悟がある。しかし、人の命を奪う覚悟をさせる大義はどこにもない

マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)の名言・格言

1.

勇敢な人は、一人闘うことを誇りとする。

2.

死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる。

3.

未来は、「今、我々が何を為すか」にかかっている。

4.

人間の英知を信用しすぎるのは賢明ではない。強者も弱くなるかもしれないし、賢者も間違うかもしれないと心に留めておくことは健康的である。

5.

私には人に命を捧げる覚悟がある。しかし、人の命を奪う覚悟をさせる大義はどこにもない

6.

物事は初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである。

7.

非暴力には敗北などというものはない。これに対して、暴力の果てはかならず敗北である。

8.

本当の富とは、健康のことであり、金や銀のことではない。

9.

私には見える。死の中に生が存在するのを。虚偽の中に真実が存在するのを。闇の中にこそ光が存在するのを。

10.

暴力によって得た勝利というものは敗北に等しい。それはつかの間のものだからである。

11.

たとえあなたが少数派であろうとも、真実は真実なのです。

12.

何か信じるものがあるのに、それに従って生きない人間は信用できない。

13.

報酬を求めない奉仕は、他人を幸福にするのみならず、我々自身をも幸福にする。

14.

重要なのは行為そのものであって、結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。だが、正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。

15.

土を耕すのを忘れるということは、自分自身を忘れることだ。

16.

ゴールへ到達しようとの試みにこそ、栄光はある。

17.

友の幸福のためにどれだけ尽くしているか、そこに人間の偉大さを測る物差しがある。

18.

世界に変革を求めるならば、自分自身を変えることだ。

19.

決して焦って約束をしてはならない。

20.

恐怖に屈すれば、真実さえも抹殺されてしまう。自らが正しいと信ずることを恐れずに実行する。

21.

偉大な人は常に一人立つ。

22.

速度を上げるばかりが、人生ではない。

23.

尊厳を保つためには、金は必ずしも必要ではない。

24.

たゆまず、休みなき努力によってこそ、「信念」は「豊かでゆるぎなき体験」に変わるのです。

25.

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前に進めるのだ。

26.

あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい。

27.

目標はつねに、われわれから後ずさりする。

28.

目的を見つけよ。手段は後からついてくる。

29.

恐怖は、マラリアや黒熱病よりも恐ろしい病気である。マラリアや黒熱病は体を蝕む。しかし、恐怖は精神を蝕む。

30.

行動の最中には静寂を、そして休息においては活気を学ばなくてはならない。

31.

多くの犠牲と苦労を経験しなければ、成功とは何かを決して知ることはできない。

32.

自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。しかし、行動したというそのことが重要なのである。

33.

もし、私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう。

34.

人間はその人の思考の産物にすぎない。人は思っている通りになる。

35.

怒りは酸のようなもので、注ぐものにも増して、その器に大きな害を与える。

36.

精神性の最大の要素は「恐れない心」である。

37.

人間性への信頼を失ってはならない。人間性とは大海のようなものである。ほんの少し汚れても、海全体が汚れることはない。

38.

毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目をさますとき、生まれ変わる。

39.

臆病者は決して道徳的にはなれない。

40.

たとえ一人になろうとも、全世界に立ち向かい給え!世界から血走った眼で睨まれようとも、君は真っ向から世界を見すえるのだ。恐れてはならない。君の心に響く、小さな声を信じ給え!

41.

臆病者は数の力を喜ぶ。しかし、勇敢なる精神をもつ者は、一人戦うことを誇りとする。

42.

万人の福利を願うことが自らの福利につながる。自分や自分の所属する小社会のみの福利を願う人は利己的であって、そうすることは、けっしてその人のためにはならない。

43.

近隣のために尽くす人は、同時に、人類のために尽くしている。

44.

罪を憎みなさい、罪人を愛しなさい。

45.

私は固く信じている。すべての善の行動は、最後は必ず実を結ぶ。

46.

他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。

47.

世界の不幸や誤解の四分の三は、敵の懐に入り、彼らの立場を理解したら消え去るであろう。

48.

「目には目を」という考え方では、世界中の目をつぶしてしまうことになる。

49.

見るためだけの目は、世界にたいして盲目となる。

50.

強さとは、身体能力ではなく、不屈の精神から生まれるものだ。

51.

非協力運動は、無意識のうちに悪に加担してきたことに対する抗議だ。

52.

あなたの夢は何か、あなたが目的とするものは何か、それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。

53.

善に協力するのは義務である。と同時に、悪への協力を拒否するのも義務なのである。

54.

良心に関しては、多数決の法則は当てはまらない。

55.

真実はすべて心の中にある。人はそれを探し求め、真実によって導かれなければならない。

56.

もし、過ちを犯す自由がないのならば、自由を持つ価値はない。

57.

苦闘が多ければ多いほど、勝利は輝かしい。

58.

我々の信念は、常に燃え続ける灯火でなければならない。それは我々に光明を与えるだけでなく、周囲をも照らすのだ。

59.

我々をとりまく全ての物事は常に変化している。変化の源泉は生きる力にある。それは不変であり、結果を生んではまた創造する。

60.

非暴力が人間の理法であるならば、未来は女性とともにある。

61.

臆病な者は愛を表明することができない。愛を表明するとは勇敢さの現れである。

62.

満足は努力の中にあって、結果にあるものではない。

63.

私の生き様が、私のメッセージである。

64.

非暴力は私の信念の第一章であり、また私の信条の最終章でもある。

65.

善いことは、カタツムリの速度で動く。

66.

私は、どこまでも楽観主義者である。正義が栄えるという証拠を示しうるというのではなく、究極において正義が栄えるに違いないという断固たる信念を抱いているからである。

67.

握り拳と握手はできない。

68.

非暴力は暴力よりも無限に優れているし、許すことは処罰するより遥かに男らしい。

69.

世界の運命を暴力によって蹂躙させない唯一の方法は、私たち一人ひとりがあらゆる暴力を肯定しないことにある。

70.

私は失望するといつも思う。歴史を見れば、真実と愛は常に勝利を収めた。暴君や残忍な為政者もいた。一時は彼らは無敵にさえ見える。だが、結局は亡びている。それを思う。

71.

人間の心の中には、闇の力と光の力の間で永遠の戦いが激しく行われています。

72.

喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある。

73.

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。

74.

怠けていることは喜びかもしれないが重苦しい状態である。幸せになるためには何かをしていなくてはならない。

75.

率直な意志の相違は、進歩を示す健全な兆候だ。

76.

われわれは数量的な力に頼らない。われわれは人格の力に頼るのである。

77.

はじめに彼等は無視し、次に笑い、そして挑みかかるだろう。そうして我々は勝つのだ。

78.

幸福とは、考えること、言うこと、することが調和している状態である。

79.

博愛を実践するには、最大の勇気が必要である。

80.

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。

81.

平和への道はない。平和こそが道なのだ。

82.

女性の直感は、しばしば男性の高慢な知識の自負をしのぐ。

83.

非暴力は人間に与えられた最大の武器であり、人間が発明した最強の武器よりも強い力を持つ。

84.

最高の道徳とは、不断に他人への奉仕、人類への愛のために働くことである。

85.

私は、苦い経験を通じて、最高の教訓をひとつ学んだ。怒りをコントロールするということだ。蓄えられた熱がエネルギーに変わるように、抑制された怒りを、世界を動かす力に変えることができる。

86.

恐怖が不信を生むのです。誰か一人でも恐れることをやめたら、我々は争うことをやめるでしょう。

87.

善良さには知識が伴っていなければならない。単なる善良さはたいして役に立たぬ。人は、精神的な勇気と人格に伴った優れた識別力を備えていなければならない。