マルコムX(Malcolm X)の名言集・格言集

マルコムX(Malcolm X)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 Malcolm X
名言 アメリカンドリームなんて見たことがない。私にはアメリカの悪夢だ。

Malcolm Xの名言・格言

1.

いかなる時もあなたは法律の中に、あなたの法的権利の中に、あなたの道徳的権利の中にいて、正義に従い、そして信じるところのために死ぬ。しかし、一人では死なないで欲しい。死のお返しをさせてくれ。これが平等の意味するところだ。

2.

獣のごとく生き、獣のごとく考えていた。

3.

一冊の本に人生を丸ごと変えてしまう力があることを、みんな理解していない。

4.

人の話を聞くのにコツがある。相手がしゃべっているとき、じっとその声音を聞くんだ。誠実な人間かどうかは声音でわかる。

5.

無責任な新聞は、犯罪者を犠牲者に、犠牲者を犯罪者にすり替える。もしあなた方が注意深く見ていなければ、新聞はあなた方を操って、抑圧されている人間を憎み、抑圧している人間を愛するように仕向けるだろう。

6.

白人は黒人の背中に30cmのナイフを突き刺した。白人はそれを揺すりながら引き抜いている。15cmくらいは出ただろう。それだけで黒人は有難いと思わなくてはならないのか?白人がナイフを抜いてくれたとしても、まだ背中に傷が残ったままじゃないか。 ※ 公民権運動は前進している、という主張に対して

7.

いったん動機づけを与えられると、どん底にいた人間ほど、見ちがえるように変わることができる。

8.

この国では、黒人への弾圧、搾取、汚職が職務だ。この政府は、ニグロを見捨てた。

9.

我々は統合を目指して闘っているわけでもなければ分離を目指して闘っているわけでもない。我々は人間としての承認を得るために闘っているのだ。

10.

アメリカンドリームなんて見たことがない。私にはアメリカの悪夢だ。

11.

白人に知らせよう、もしここが自由の国ならば、自由の国のようにせよと。自由の国でないなら、変えようではないかと。

12.

今こそあなたと私は、より政治的に敏感になり、何のための投票なのか、票を投ずる時に何を得ることを支持するのか、はっきりと理解するときだ。そして、もし我々が投票しないのならば、弾丸が撃たれなければならないような事態に陥るだろう。投票か弾丸かどちらかだ。

13.

前科者であることは恥ではない。犯罪者であり続けることが恥だ。

14.

私は、怒りは正しいと信じている。聖書にも怒るべき時があると書いてあるではないか。

15.

人間は魂によって惹きつけられる。権力によって、人は強制される。愛は魂から生まれる。権力によって生み出されるのは不安だけだ。

16.

自分を殺そうとした人間との仲は、もうけっして完全にはもとどおりにはならない。

17.

世間は俺の変身を許してくれないんだ!がんじがらめだよ!

18.

地球上で最大の権力を持つ組織はメディアだ。奴らは無実の者に罪を着せ、罪深き者を無実にする力を持つ。これこそが権力だ。奴らは大衆の心を操っている。

19.

私の母校は書物、良き図書館だ。残りの生涯をすべて読書に費やしてもいいと思える。

20.

真実は、虐げられる側にある。

21.

それを伝えるのがだれであろうと、私は真実の味方だ。それに賛否を唱えるのがだれであろうと、私は正義の味方だ。私はなによりもまず人間だ。だから人間として、人類全体に利益をもたらすものであれば、だれにでもどんな事柄にでも味方する。

22.

きみはあいつらを信用するが、俺はしないぞ。きみは学校で白人の望みどおりの勉強をしてきた。俺は街頭と刑務所で勉強した。そこでほんとうのことがわかるんだ。

23.

もし君を批判するものがいないなら、君は恐らく成功しないだろう。

24.

白人にいつもいつも「イエス」と言うのをやめ、自分自身への嫌悪を振り切った時、我々は自由への道を歩き始める。

25.

今こそ我々は、我々の違いに目をつむるときである。そして第一に、我々は同じ、共通の問題を持っていると着目することが、我々にとって最良であると認識するときなのだ。

26.

信念を持たない人間は、あらゆることに流される。

27.

差別することは、支配することです。

28.

今日のアメリカのシーンで黒人は、これ以上、もう片方の頬を差し出すようなことはしない。

29.

自由のために死ぬ覚悟がないのなら、「自由」という文字をお前の辞書から消すがいい。

30.

我々は、公民権の闘争を、より高レベルとなる人権の闘争へと発展させる必要がある。

31.

それは、私が思うに「鶏が鳥小屋に帰って眠るように」起こるべくして起こった事件だ。すでに言及しているが、白人が心の中にもつ無防備の黒人に対する殺意が止まず、さらにその憎悪の拡大が容認され、終には大統領を殺してしまった。 ※ ケネディ大統領暗殺事件について

32.

我々の目的は、いかなる手段をとろうとも、完全な自由・正義・平等を確立することだ。

33.

教育こそが未来へのパスポートだ。明日という日は、今日準備をする人たちのものである。

34.

黒人を守るため暴力を行使するのが誤りならば、アメリカを守るために外国で戦わせるのも誤りだ。

35.

投票(ballot)は弾丸(bullet)に似ている。あなたはターゲットを見る前には投票しないだろう。そして、そのターゲットはあなたの届かないところにいて、投票券をあなたのポケットのなかに入れさせておく。

36.

盲目的な愛国心のせいで、現実を直視できないようになってはいけない。どんな人物がやろうとも、どんな人物が語ろうとも、間違ったものは間違っている。

37.

人種差別こそ我々が直面させられているものだった。このことは宗教を越えた問題である。

38.

私はアメリカ人ではない。私は、アメリカニズムの犠牲者となった2,200万人の黒人の中のひとりなのだ。民主主義の犠牲者である2,200万人の黒人の中のひとりなのだ。

39.

あなた方と私、2,200万人のアフリカ系アメリカ人は - それが他でもない我々そのものだ - アメリカにいるアフリカ人なのだ。あなた方は他でもない、アフリカ人だ。アフリカ人なのだ。

40.

公民権というのは、アンクル・サムに正しく扱ってくれとお願いすることだ。人権というものはあなた方が持って生まれたもの、神に与えられたものだ。 ※ アンクル・サムは、米国を擬人化した架空の人物、米国の象徴