ワンピース『965話』最新話ネタバレ確定!考察&感想

ワンピース ネタバレ 考察

12月16日発売のワンピース『965話』のネタバレ感想を紹介します。

ワンピース『965話』「黒炭家の陰謀」最新話のネタバレ

世界は4つの海と一本の長い海でできている。

さらに世界は白玉のように丸いらしい、不思議で候。

おでん:「世界から見るとワノ国はこんなに小さい、お前はどこで生まれた?トキ」

トキ:「分からない、両親の故郷がワノ国と言う事しか。だから私にはワノ国しか目指す場所がない。」

おでん:「恐らくこの船は当分、ワノ国へは行かない。踏んだったな。」

トキ:「良いの、あなたと居ると目的地に着いたような気持ちになるから。」

おでん:「なぜだ?」

トキ:「なぜかしらね?♡」

2人は終始ラブラブです。

「おでん様はどこに?」と2人の間に向かうネコマムシですが、他のクルーに野暮なことはするなと止められます。

そんな中、白ひげ海賊団に天敵である海軍が向かってきます。

白ひげは動揺せずに「組織だぞ、戦っても次から次へと現れる。旅をして判断すれば良い」と告げる。

「28年前、おでん出航2年目」

もものすけが生まれます。

おでん:「光月モモの助だ!!!」

イゾウ:「おでん様は手配書も出ていて海外では立派な海賊ですよ!トキ様やモモの助様の身を思えば帰還も」

釘を刺されるおでんは、まだ答えが出ていないと本音を溢します。

ネコマムシ:「しかし、新聞が入るがワノ国の情報は全く入らんのう。」

イヌアラシ:「国内から情報を出す術がないしな。」

人数も増えた事で、5つに隊を分けて、それぞれの隊長を作るのはどうかと白ひげは言います。

おでんは白ひげに2番隊の体調を任されますが断ろうとします。

次第に白ひげ海賊団のクルーは増えていきます。

メンバーはほとんどが身無し子です。

ティーチ:「お願いします、行くあてがねぇんす。」

漁船ではなく、海賊船だと断りますが、泣きながら懇願するティーチの思いを汲み取りクルーへと向かい入れます。

一方、ワノ国では各郷の大名が「花の都」に集う程の大騒動が起っていました。

将軍スキヤキの危篤である。

スキヤキ:「次期将軍はおでんに継がせたい。」

部下:「もちろんです。スキヤキ様」

スキヤキ:「だが、おでんは不在につき、私にもしもの事があったらおでんが帰るまでの間代理を立てたいと思う。おでんが弟のように可愛がった男:黒炭のオロチだ!」

部下達は、オロチの名前を挙げられたことに困惑します。

オロチ:「この度は黒炭家の汚名返上の機会を賜り、スキヤキ様並びにおでん様には生涯頭が上がりません。祖父の愚行を償う意味でも微力ながらおでん様の即位の準備を私めが努めさていただきます」

オロチ:「ただ一時のおでん様のお帰りを待つ人形となりますゆえ、どうか皆様のお力添えを!」

黒炭家ということを隠していたことを怒られますが、すみませんと一蹴し決意を固めている様子です。

時は戻り回想に入ります。

突如、オロチの前に老婆が現れます。

老婆:「お前は将軍になる!知らないのか?お前の祖父の話を。」

オロチ:「詳しくは知らないが切腹したと聞いている。」

老婆:「いいや、光月家にやられたんだよ。」

老婆はオロチに光月家にオロチの家系は滅ぼされたと告げます。

続けてトップに立てば法律などいくらでも作れる、罪など罪でなくなると話ます。

老婆:「先代の光月家、将軍には子供が生まれなかった、世継ぎがね。光月に仕えた5つの大名家はざわついていた。次期将軍は誰がなるのか。そして、お前の爺さんは準備を整えた。」

どうやら、オロチの祖父は、その大名を葬り去ることを考えていたようです。

老婆:「1人、また1人と内乱を装い消して行った。将軍は立て続けになくなる大名達に気を病み、ついに病床にふした。計画は順調、もうすぐ天下に手が届く。その時。生まれちまったのさ、世継ぎ、光月スキヤキが!!」

老婆:「うらめしやスキヤキ。黒炭家は天下をとり損ねた挙句計画はバレて、お前の爺さんは切腹の上、お家断絶。領土も城も地位も。」

続けて老婆はオロチに全てを奪われ黒炭の名は人々に蔑まれ一族は露頭に迷ったと話ます。

老婆に唆されたオロチは、最初は困惑して拒否していましたが、その気になり始めます。

老婆は”マネマネの実”の能力者で老婆の顔から若い女性の顔、オロチの顔と顔を変化して見せます。

老婆に言われ、オロチは城に忍び込んでは金品財宝を奪って、大量の武器の調達を進めます。

光月家の家臣達もその行動に次第に気付き始めます。

おでん出航4年目のある日

海中の魚達が一斉に引き返し始めます。

また、魚だけでなく島にいる獣達も逃げ始めます。

男:「ガープやセンゴクでも連れてこい、お前らじゃ面白くも何ともねぇ。」

バギー:「船長!ロジャー船長!」

ロックス:「島の反対側に白ひげの船だ。」

レイリー:「今一戦やったばかりだ、船長」

ロジャー海賊団の一同がうつされます!

ワンピース『965話』「黒炭家の陰謀」最新話のネタバレ感想

老婆に唆されてオロチが将軍の首を取りに着々と準備を進めていきます。

昔はオロチは良いやつだった?と最初思いましたが、簡単に唆されてしまったことから元々ずる賢い性格だったのかな?と感じました。

そして最後についにきましたね、ロジャー海賊団。

若かりし頃のロジャーと白ひげ。

まさに伝説の2人。

ロジャー海賊団と白ひげ海賊団の派手な戦いが見れそうですね!

ワンピースの漫画とアニメを無料で見る方法!

ワンピース【965話】のネタバレ考察記事を紹介しましたが、漫画は絵があって成り立つものです。
絵がなくては漫画の面白さが半減してしまいます。

U-NEXTなら31日間の無料トライアル期間があり、好きな漫画や動画を見放題です。
また、いつでも簡単に解約する事ができます。

この機会に是非チェックして見て下さい!

※無料期間中の解約で違約金は一切かかりません。

ワンピース『966話』最新話のネタバレ考察予想!

次回はロジャー海賊団と白ひげ海賊団の派手な戦いが見れそうです!

また一方では老婆に唆されたオロチの悪巧みがさらにエスカレートしていきそうな予感がします。

ワンピース ネタバレ 考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です