ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)の名言集・格言集

ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)
名言 未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ。

ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)の名言・格言

1.

人を見分ける力に自信のある人ほど間違った人事を行う。人を見分けるなどは限りある身の人間に与えられた力ではない。

2.

問題の分析によって解決案が一つしか見つからなければ、その解決案は、先入観に理屈をつけたにすぎないものと疑うべきである。

3.

未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、リアウィンドウを見ながら、田舎道を運転するようなものだ。

4.

未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ。

5.

ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである。

6.

コミットメント(責務)なしでは、単に約束と希望があるだけで、そこに計画はない。

7.

現実が主人である。カリスマの公約、プログラム、思想に対し現実のほうが膝を屈することはない。

8.

マネジメントと呼ばれるものの大部分は、働く人たちにとって面倒なものである。

9.

階層をなす組織の危険は、上司の言うことを部下がそのまま実行することだ。

10.

「正しい結果を与えてくれる最も簡単な分析は何か。最も簡単な道具は何か」を問わなければならない。アインシュタインは、黒板よりも複雑なものは、何も使わなかった。

11.

たいていの経営者は、その時間の大半を「きのう」の諸問題に費やしている。

12.

人材は、企業規模とは無関係である。

13.

効率とは物事を正しく行うことであり、効果とは正しい事を行うことである。

14.

予期せぬ成功はマネジメントに対する挑戦である。

15.

時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ他の何事も管理することはできない。

16.

最も重要なことから始めよ

17.

マーケティングの目的とは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

18.

企業の目的は何か?利益は、目的ではなく手段である。企業とは社会のための道具であり、社会のための組織である。

19.

明日のエグゼクティブが学ぶべき3つの重要な事柄は、1.自分で自分の面倒がみられること、2.下(部下)のマネジメントではなくて、上(上司)のマネジメントをすること、3.そして、経営の基本を広く着実に身につけることである。

20.

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。

21.

卓越した者の強みや能力が他の者にとっての脅威となり、その仕事ぶりが他の者にとっての問題や不安や障害となることほど、組織にとって深刻な問題はない。

22.

意思決定における第一の原則は、意見の対立を見ないときには決定を行わないことである。

23.

組織にとっては、リーダーを育てることのほうが、製品を効率よく低コストで生産することよりも重要である。

24.

仕事を生産的なものにするには、成果すなわち仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。技能、情報、知識は道具にすぎない。

25.

より大きな悪を防ぐために悪を利用しようとするとき、人は悪の道具とされる。

26.

元々しなくても良いものを効率よく行うことほど無駄なことはない。

27.

昨日を捨てよ

28.

会議を成果あるものにするには、会議の冒頭に、会議の目的と果たすべき貢献を明らかにしなければならない。そして会議をその目的に沿って進めなければならない。特定の目的のある会議を、だれもが勝手に素晴らしいアイデアを言い合う自由討議の場としてはならない。

29.

生産性の本質を測る真の基準は量ではなくて、質である。

30.

有能さは修得できる。

31.

知識労働者がすべて同質のものだなどと考えたら、大間違いである。

32.

企業の精神は、どのような人たちを高い地位につけるかによって決まる。

33.

企業経営のエッセンスは、何かに「卓越」することと、「決断」することである。

34.

21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

35.

できることから始めるのではなく、正しいことから始めるのです。

36.

将来についてわかっている唯一のことは、今とは違うということだ。

37.

やたらに危機感を煽ったり、人を無理矢理、牛馬のように駆り立てるマネジメント方式ではだめだ。

38.

変化はコントロールできない。できることは、その先頭にたつことだけである。

39.

間違った問題への正しい答えほど始末におえないものはない。

40.

マネジメントとは物事を正しく行うことであり、リーダーシップとは正しい事を行うことである。

41.

最初はダメでも何度でもやり直せという態度は誤りである。

42.

複雑なものはうまくいかない。

43.

革新とは、単なる方法ではなくて、新しい世界観を意味する。

44.

世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる。

45.

蛙の卵が池からなくならないのと同様に、アイデアは決して枯渇することはない。

46.

指揮者は、一人の人間を受け入れるために、楽譜を書き直したりはしない。

47.

人に教えることほど、勉強になることはない。

48.

ビジネスの目的の正当な定義はただひとつ。顧客を作り出すことである。

49.

未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである。

50.

表の風に吹かれろ!

51.

自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。

52.

コミュニケーションで最も大切なことは、相手が語らない部分を聞くことである。

53.

企業は何よりも「アイデア」であり、アイデアを生むことができるのは個々の人間だけである。

54.

科学的経営経済学などは存在しない。業績を上げる方法は、実は誰でもが承知している。

55.

問題解決を図るよりも、新しい機会に着目して創造せよ。

56.

今日、完全な青写真を提示している者は、何が本当の問題かを知らないことを暗に白状しているにすぎない。

57.

経営者が第一になすべき、また絶えず行うべき職責は、現存の資源を用いて最高の成果をあげることである。

58.

成果とはつねに成功することではない。そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない。

59.

真のマーケティングは、顧客から出発する。すなわち人間、現実、欲求、価値から出発する。

60.

忙しい人達が、やめても問題ないことをいかに多くしているかは驚くほどである。なすべきことは、自分自身、自らの組織、他の組織に何ら貢献しない仕事に対しては、ノーと言うことである。

61.

成功した企業は、きまって誰かがかつて勇気ある決断をした。

62.

企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。

63.

死体が臭わないようにすることほど涙ぐましく、しかも不毛な仕事はない。

64.

経営者と知識労働者にとっての唯一のツールは情報である。