ヴィクトル・ユーゴー(Victor Marie Hugo)の名言集・格言集

ヴィクトル・ユーゴー(Victor Marie Hugo)の名言集・格言集 メモリーボイス[memoriesvoice]

プロフィール

氏名 ヴィクトル・ユーゴー(Victor Marie Hugo)
生年月日 1802年2月26日
没年月日 1885年
享年 83歳
国籍 フランス
出生地 フランス
職業 詩人、小説家
名言 喜びとは、苦悩の大木に実る果実である。

ヴィクトル・ユーゴー(Victor Marie Hugo)の名言・格言

01.

もし新聞がなかったら、フランス革命は起こらなかっただろう。

02.

流れるビールは泡を立てない。諸君、急ぐなかれだ。

03.

真の恋の兆候は、男においては臆病さに、女は大胆さにある。

04.

喜びとは、苦悩の大木に実る果実である。

05.

音楽は人間が言葉で言えないことで、しかも黙ってはいられない事柄を表現する。

06.

常識の有無は教育の有無とは関係ない。

07.

人は軍隊の侵入には抵抗するが、思想の侵入には抵抗しない。

08.

不運は人物を作り、幸運は怪物を作る。

09.

強く辛辣な言葉は、根拠が弱いことを示している。

10.

自然はやさしくほほえむ母のように、我々の夢を安らかに守ってくれて、空想を楽しませてくれる。

11.

人生は愛という蜜をもつ花である。

12.

芸術のための芸術は美しいかも知れない。しかし進歩のための芸術はもっと美しいのである。

13.

大きな悲しみには勇気をもって立ち向かい、小さな悲しみには忍耐をもって立ち向かえ。苦労して一日の仕事を終えたら安らかに眠れ。あとは神が守ってくださる。

14.

第一歩は何でもない。困難なのは、最後の一歩だ。

15.

四十歳は青年の老年期であり、五十歳は老年の青年期である。

16.

女を美しくするのは神であり、女を魅惑的にするのは悪魔である。

17.

幸福だけの幸福はパンばかりのようなものだ。食えはするがごちそうにはならない。無駄なもの、無用なもの、余計なもの、多すぎるもの、何の役にも立たないもの、それがわしは好きだ。

18.

愛すること、それは行動することだ。

19.

哲学は思考の顕微鏡である。

20.

宇宙は神秘だが、女たちの接吻はその神秘を説き明かしてくれる。

21.

人は強さに欠けているのではない。意志を欠いているのだ。

22.

財布が軽くなるほど、心が満たされる。

23.

毎朝、その日の行動計画を立て、それを実行する者は、多忙な人生の中で迷路に迷い込んでも出口につながる”魔法の糸”を手にしている。

24.

敵が不幸な時は、私にとっては敵ではない。

25.

生きている者とは、闘っている者だ。

26.

空っぽのポケットほど、人生を冒険的にするものはない。

27.

人間は社会に従うか、自然に従うかという二つの方法によって生きている。

28.

女性が話しかけてきたときは、彼女の目が発する言葉に耳を傾けることだ。

29.

女は非常に完成した悪魔である。

30.

友よ、逆境にあっては、常にこう叫ばねばならない。「希望、希望、また希望」と。

31.

夢、これ以外に将来を作り出すものはない。

32.

宇宙をただ一人の者に縮め、ただ一人の者を神にまで広げること。それが恋愛である。

33.

人生最大の幸福は、愛されているという確信である。自分のために愛されている、否、もっと正確には、こんな自分なのに愛されているという確信である。

34.

神は水だけを造った。しかし人はワインを作った。

35.

未来にはいくつかの名前がある。意志薄弱な者はそれを不可能と呼び、臆病者は未知と呼ぶ。しかし勇敢な者はそれを理想と呼ぶ。

36.

愛することは、ほとんど信じることである。

37.

世界中のすべての軍隊よりも強いものが一つだけある。それは時にかなって生まれた発想である。